和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる


[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


2015年03月06日

カメラのメンテナンス



私が入社してから会社用として購入していただいた一眼レフ。

早いもので、使い始めてもう三年目に突入。

いろいろな家や人達を撮影してきたこのカメラ。

先日のことですが、社に戻ってから撮影データをチェックしていると
どうも同じ箇所にゴミっぽいものが写っているような?

調べてみたらやはり「ゴミ(汚れ)」がカメラ内部のセンサー部分に付着しておりました。



上記写真のカメラ本体の中に見える部分になりますが、
とっても繊細な場所というか、カメラの命とも言えるべき場所のため清掃する場合は
それなりの装備と技術と精神力が必要となります。

…まぁ、そもそもこんなとこにゴミ(汚れ)をつけようと思えば、
埃っぽいところでレンズ交換したり、
不用意に高速連射撮影をしつこくするなどをしない限りはほとんど縁がない場所となりますが
「写真を撮りたい」のではなく「カシャカシャ、シャッターを切るのが楽しい」だけの
困った連射人間が社内にいるから、さぁ大変。


少々話が反れましたが、本日、カメラのメンテナンス道具を自宅より持参した私。



自分のカメラは最近使っていないので、この手入れを行なっておりませんが
会社のカメラのお手入れをするために持ってきたこちらの道具。

中身は理科の実験で使うアルコールランプみたいなものがありますが、
これは中に入れたエタノールを少量ずつ吸い上げてくれる道具になります。

一言でいうなら、「センサー部分をエタノールで拭きあげる」 今回の作業。
普通の水などではセンサー部分を傷めたり、水滴をのこしますが、
エタノールは気化しやすいため薄く伸ばして拭きあげるようにして使用すれば
拭いたそばから乾いているような状態。

そんな掃除道具を使い、メンテナンス作業を行なった一眼レフ。

これでまたお客様の大切な「家」であったり、「瞬間」を撮影していきたいと思います。



Posted by WEB担当“S” at 15:07│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。