和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる


[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


2012年12月05日

サンタクロース VS 空軍基地

早いものでもう12月でございます。

毎朝、会社の前の銀杏の木からたくさんの落ち葉が発生し、
客観的に見る分にはキレイなんですが…まぁいろいろと大変でございます。

さて世間ではボーナスやら、クリスマスやら、色んなイベントが控えております。
前者のイベントは夏も冬も縁がありませんでしたが…。

前者が多分?「ない」からといってクリスマスに何もしないわけにもいかない私。

日ごろ仕事帰りも遅く、休みも少ないのでかなり嫁と息子に迷惑をかけておりますので
ここは頑張りどころなイベントなのでございます。

プレゼントについては大体手配ができたので、あとは何の料理をつくろうか?
っという段階で悩んでいる今日この頃。

クリスマスで思い出したのですが世界は広いのでございます。

アメリカとカナダでは、かなりすごいことをやっております。



アメリカとカナダが共同運営する空軍チックな組織があるのですが
そこでは毎年「サンタクロースの追跡」を行っているのでございます。

きっかけはHPによると、とある会社がイベントで「サンタへの直通電話」を開設したのですが
あやまって空軍基地の司令官へのホットラインの番号を記載したらしく
(それはそれでまた奇跡的な間違いでもありますが)
そんなことを知らない子供が実際に電話をかけてみると、司令官につながるわけでございます。

しかしこの司令官、さすがはアメリカ人というべきか?
サンタが移動した形跡がないかの最新情報を子供に発表し、子供の夢を守ったのでございます。

私がその司令官だったらほぼ間違いなく「間違い電話」と夢も希望もない返答をしております。
…見習わないといけないといけないなと思った今日この頃。

ちなみにHPにサンタを追跡する方法として以下の記述があります。
>NORAD はレーダー、人工衛星、サンタ・カメラ、ジェット戦闘機の
>4 つの最新鋭システムでサンタを追跡します。

「サンタ探すのに戦略兵器を使うのが夢のあることなのか?」という
素朴な疑問もよぎりますが、まぁそれで子供が喜んでいるからOKではないでしょうか?  


Posted by WEB担当“S” at 14:37Comments(0)日常の話